服好きな人は月いくら洋服代に?【節約のコツ7選】大公開♬

1ヶ月の服代はいくら?Q&A
・おしゃれをしたいんだけど
・けっこうお金がかかりそう
・どのくらいお金がかかるか教えてほしい

おしゃれをしたい反面、金銭的なことが気になりますよね。

おしゃれにかけるお金以外にも、旅行代、飲み会代、他の趣味代など…

 

初心者君
初心者君

お金がいくらあってもたりません

 

そこでこの記事では、服に総額400万円以上つぎ込んだ私が、おしゃれな友人にアンケートを取ったので、以下の内容をあなたにお伝えします。

 

・おしゃれな人は月にいくらお金を使うのか
・なるべくお金をかけずにおしゃれを楽しむ節約のコツ7選

 

 

この記事を読めば、おしゃれに関するお金の不安が解消し、安心しておしゃれを楽しむことができます。

さらに、今回ご紹介する節約術を身につければ、なるべくお金をかけずにおしゃれを楽しむことができますよ♩

 

 

結論は、目次のとおりになります。

 

くらまに
くらまに

目次をクリックすると各見出しに飛ぶことができるので、気になるところだけ読んでみてください♩

アンケート

今回は私の友人に協力していただき、以下のアンケートを実施しました♬

 

Q1.服代に月いくら使っていますか?
Q2.服代で月に最高いくら使いましたか?
Q3服に興味を持ち始めたころはいくら使いましたか?

今回の調査では、ランダムに10人の友人(男性)を対象にアンケートをしました♪

 

 

Q1.服代に月いくら使っていますか?

 

0円~5千円  5名
5千円~1万円 3名
1万円~3万円 1名
3万円以上   1名

【0円~5千円】
・UNIQLOとかで定期的に買うくらい
・毎月は買わないから、平均するとこれくらいかな
・服に興味ないからな~(笑)

 

5千円~1万円
・好きなブランドがあるから、毎月1着くらい買ってるかな

 

1万円~3万円
・買う月と買わない月があるけど、買う時はハイブランドのアイテムをかってるかな

 

3万円以上
・毎月えりすぐりのアイテムを一着買っています!

 

【考察】
おしゃれに興味のある人と、そうでない人の差が大きく出ています!

また、毎月買っていない方や、毎月えりすぐりの一着のみを買う人まで、様々なパターンが見られました♪

 

 

 

Q2.服代で月に最高いくら使いましたか?

1万円~3万円 5名
3万円~5万円 4名
10万円以上  1名

【1万円~3万円】
・思い切ってセレクトショップで買いました(笑)
・コートを買った時に一番お金がかかったかな
・アクセサリーが意外と高かった(;’∀’)

 

【3万円~5万円】
・古着のコートで5万くらいしたかな

 

【10万円以上】
・靴やコート、アクセサリーが高かったです。20万円くらいした時もありました(;’∀’)

 

 

【考察】
1万円~3万円が多かった半面、20万円を使ったという強者も!!
コートやアクセサリーにお金が多くかかりそうです。

 

 

 

Q3服に興味を持ち始めたころはいくら使いましたか?

 

0円~5千円  5名
5千円~1万円 4名
1万5千円    1名

【0円~5千円】
・UNIQLO・GU・coenなどですね~
・5千円以内でも当時は十分でした!今もですが(笑)

 

【5千円~1万円】
・おしゃれを始めたころは、ファストブランドで買っていたので、そこまでお金がかからなかったね

 

【1万5千円】
・毎月WEGOなどで、いろいろな種類の服を買っていました!

 

 

考察
おしゃれ初心者の頃は、月に1万円前後という回答でした!

始めはだれしもファストブランドから入るようですね♬

 

 

 

くらあにの服代

では次に、私のパートナーであるくらあにの月にかかる服代を公開します♬

 

くらあに
くらあに

はじめまして!くらあにと申します。私のかけた服代について、年代別にご紹介していきます♪

 

大学時代(1~2年生)

【おしゃれ初心者で、服に少しずつ興味を持ち始めた頃】
バイト代(月):7万円
  服代(月):1万円

 

主にWEGOUNIQLORAGEBLUEなどのファストブランドや古着を買っていました。

月に1万円であれば、3アイテムくらいは買えるので、おしゃれ初心者さんにとっては十分だと思います(笑)

 

ELOという雑誌を知っていますか?
この雑誌についてくる、WEGOで使える1,000円割り引き券をよく使っていました(笑)
くらあに
くらあに

初心者の頃は、とりあえずいろいろな服を着ていました。

 

 

 

大学時代(3~4年生)

【くらまにと出会い、おしゃれに磨きがかかった頃】
バイト代(月):7万円
  服代(月):3万円~5万円

 

この頃になると、ファストブランドだけでなく、ドメスティックブランドやインポートブランドにも興味を持ち始めました。

 

※ドメスティックブランド
(日本のデザイナーズブランド)※インポートブランド
(海外のデザイナーズブランド)

ドメスティックブランドは、安くてもTシャツ1枚で1万円はするんですよね(;’∀’)

インポートブランドなんて、数万はくだらないです…

でも着たみたらわかります。値段相応の価値は十分感じられるはずです!

 

 

気づけば服代がどんどんかさみ、食費を削るほどになっていました(;’∀’)

この時代の僕のコーデがこちらです!

 

Rixk Owensコーデ

アウター:LAD MUSICIAN (定価6万円)
トップス:GIVENCHIY (定価10万円)
 パンツ:Rick Owens (定価8万円)
   靴:JULIUS (定価10万円)
 バッグ:BAO BAO ISSEY MIYAKE (定価5万円)

 

Rixk Owens コーデ

トップス:D.GNAK (定価不明)
トップス:LAD USICIAN (定価1.2万円)
 パンツ:Rick Owens (定価8万円)
   靴:Rick Owens (定価16万円)
 バッグ:BAO BAO ISSEY MIYAKE (定価5万円)

社会人

【独自のセンスでおしゃれを楽しんでいる頃】
給料(月):20万円
服代(月):6万円(ボーナス月は+10万円)

 

社会人になり、使えるお金も増えてきたので様々なアイテムが買えるようになりました!

くらまにの手助けがなくても、自分のセンスでファッションを楽しめるようになりました♪

ボーナス月には、インポートブランドのコートや靴を買っていました!

 

この時代の僕のコーデがこちらです!

 

VETEMENTSコーデ 

アウター:VETEMENTS (定価23万円)
トップス:VETEMENTS (定価9万円)
 パンツ:H&M (定価3000円)
くつした:off white (定価1.2万円)
   靴:Y-3 (5万円)
 バッグ:COACH (定価8万円)

現在

【シルエットや素材などに気を使い、少し落ち着いたコーデを始めた現在】
給料(月):20万円
服代(月):3万円(買わない月もあり)

 

今現在は、ある程度良い年になったので、落ち着いた服を着るようになりました!

落ち着いた服と言っても、素材やシルエットにはこだわっています!

 

個性的すぎず、でも周りに埋もれたコーデにならないように工夫を凝らす!

こんなコーデを意識しています♪

 

Rick Owens コーデ

トップス:DEVOA (定価1.5万円)
 パンツ:Rick Owens (定価10万円)
   靴:Rick Owens (定価16万円)

 

 

節約のコツ7選

 

くらまに
くらまに

では次に、節約のコツを7つ紹介していきます♪

 

・モノは少なく
・トレンドに左右されない
・モノトーンでまとめる
・安いから買うはダメ
・セールを使う
・フリマを使う
・買う月を決める
1つずつ解説していきますね!

 

 

モノは少なく

何でもかんでもアイテムを買っていると、どんどん服代がかさんでしまいます。

 

着回しがしやすいとか、長く着れるものを厳選してアイテムの購入をしましょう。

 

また、新しいアイテムを買ったら古いアイテムは捨てるなどの断捨離も検討しましょう♪

 

あらかじめ、このアイテムは何着までと決めておくのもいいかもしれません。

・例えば、パーカーなら2着まで。
・Tシャツなら5枚目で。   などなど…

 

自分が持っているアイテムにはどんなものがあるのか、すべて把握できるくらいまでの数に絞るといいでしょう♬

 

トレンドに左右されない

 

初心者君
初心者君

とりあえずトレンドアイテムを着ておけばおしゃれに見えるでしょ!

 

と思っている方!この考え方は危険です。

 

トレンドアイテムでも、自分自身に合う合わないがあります。

 

さらに、トレンドは日々変わり続けるもの。

 

トレンドアイテムばかり買っていたら、タンスが服であふれかえってしまいますし、お金もかかってしまいます。

 

そのときどきに流行っているアイテムを買うよりも、ベーシックアイテムを選んだほうが金銭的にもベストです。

くらまに
くらまに

ベーシックアイテムだからこそ、素材やシルエットにこだわりましょう♪

 

 

モノトーンでまとめる

モノトーンでまとめるのも節約術の1つです。

 

モノトーンアイテムなら、比較的どのアイテムにも合わせやすいので、少ないアイテムでたくさんのコーデを組むことができます♪

つまり、着回しがしやすいのでアイテムなので、他のアイテムをたくさん買う必要がなく、出費を抑えられます。

 

それにモノトーンでまとめたコーデは、初心者さんでも挑戦しやすいので初心者さんにはいいことづくめですね♬

モノトーンコーデについてはこちらの記事で詳しく書いているのでチェックしてみてください♪

【モノトーンコーデ徹底解説♬】初心者こそモノトーンコーデが最適!
初心者こそモノトーンコーデから挑戦するべきです!なぜなら、比較的かんたんにコーデが組めて、おしゃれに見えるからです。この記事では、モノトーンコーデのメリットや、季節別のコーデの組み方を解説しています♪

 

 

安いから買うはダメ

安いからとりあえず買っておこうは危険です!

私の経験では、安いからと言って買ったアイテムはほぼ100%着なくなります。

結局安いから買っただけで、気に入った服ではないため着なくなってしまうんですね(;’∀’)

 

 

良いものを少なく

私がおススメするのは、少し高いお金を払ってでも質やデザインの良いアイテムを買うということです。

 

一見高くつきそうに感じますが、そんなことはないんです。

長期的にみれば、良いアイテムというのは結果長く使えますので、コスパが断然いいんです!

 

 

定期的にメンテナンス

注意点もあります。

長く着るには、定期的なメンテナンスも必要です!

 

セールを使う

SALEで買うことは大きな節約になります。

 

アイテムを買う時に考えてみてください。

本当にこのアイテムは今買わないといけないものなのか?

そうでないなら、SALEまで待ってから買いましょう♪

同じ商品を買うなら安い方がいいですもんね♬

くらまに
くらまに

ZARAやUNIQLOはよくSALEアイテムが置いてありますよね♪

 

 

フリマを使う

フリマは私もたくさんお世話になりました!

リサイクルショップなどに服を売る場合、本来であればリサイクルショップ側の利益も考えて値段が設定されます。

結果、直接売るときよりも安く、直接買う時よりも高く値段が設定されてしまうんです。

 

フリマの場合は、仲介業者(リサイクルショップ)などがいないため、売る場合は、直接すべての金額が自分のもとに入ります。

結果、少し安く値段を設定することができますし、安く買うことも可能になるんです!

フリマアプリについては、こちらの記事でも解説していますので、あわせてチェックしてみてください♪

【おすすめ3選♬】ファッションメンズアプリ!注意点もお伝えします!
この記事では、ファッション初心者の方が絶対に使うべきメンズファッションアプリを3つ紹介しています♬このアプリを使えば、コーデを組む際や、アイテムを購入する際にあなたの助けとなって活躍してくれるはずです。しかし、アプリを使う上で注意点もいくつかあるので、そちらも合わせて解説していました♬

 

買う月を決める

アイテムを買う月を決めましょう♬

毎月給料が入るたびにアイテムを買っていては、どんどんお金が無くなってしまいます。

アイテムを購入する月をあらかじめ決めておき、その時まで貯金しておくことをおすすめします。

なぜなら、無駄なアイテムを購入するリスクが少なくなるからです。

 

アイテムを買う時は、本当に必要なアイテムを吟味し、価格よりもアイテムの価値を重視して購入しましょう!

 

「必要だ!」 「価値がある!」

そんなアイテムを選びましょう♪

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後に、今回の記事の内容をまとめてみます♪

Q1.服代につきいくら使っていますか?
0円~5千円  5名

5千円~1万円 3名
1万円~3万円 1名
3万円以上   1名
Q2.服代で月に最高いくら使いましたか?
1万円~3万円 5名

3万円~5万円 4名
10万円以上  1名
Q3服に興味を持ち始めたころはいくら使いましたか?
0円~5千円  5名

5千円~1万円 4名
1万5千円    1名
【節約のコツ7選】
 ・モノは少なく
 ・トレンドに左右されない
 ・モノトーンでまとめる
 ・安いから買うはダメ
 ・セールを使う
 ・フリマを使う
・買う月を決める
買うブランドによって、使う金額は変わってきます。
自分に合った金額でおしゃれに挑戦してみましょう♪
タイトルとURLをコピーしました